年代物の着物も買取ってもらえる?

タンスに古い着物をしまっていませんか?

自分で購入した着物も、母親や祖母から受け継いだ着物も袖を通す機会が少ないという方も多いのではないでしょうか?
着物は保管しておくのが難しいものです。間違ったメンテナンスでは着物の劣化が進んでしまいます。着物の傷みが酷くなる前に、中古の着物を専門に買取る業者に売却することを着物を整理する選択肢のひとつに加えてみては如何でしょうか。
着物は、そのまま着用してもらえるのが一番の活用方法です。最近は和装が見直されファッションに取り入れる若い年代や、食事会や女子会などでは和服で参加する会が催されるなど注目が高まっています。
着物の買取の査定を依頼する時は、業者によっては古い着物は取り扱っていない業者もありますので、事前に問い合わせてみましょう。

買取を依頼する前に注意すること

中古着物の買取業者には業者によって得意分野があります。一般的にはシミや汚れの少ない状態の良い着物が取り扱われます。
年代物の着物は若い女性のファッションに取り入れられたり海外でも人気で、程度によりますが虫食いやシミであっても古い着物が持つ味わいとして評価されます。また、現代の着物とは一味違う色の配色や柄や模様が魅力になっています。
着物はそのまま着用する目的だけではなく、ワンピースやジャケット、チュニックなどの洋服やバッグ、日傘などの小物にリメイクしたり、ハギレなどに加工する業者と提携している買取業者もあります。
タンスの中の着物にシミや汚れがあっても捨てる前に、あきらめずに買取業者に相談してみることをおすすめします。